大手の家庭教師ネットワークでもきっと

家庭教師のアルバイトは学生の間では高時給のものとして人気が高く有名なものです。このため、家庭教師というと学生のアルバイトの集まりという印象を受けるのが一般的でしょう。これは確かなことであり、個人契約先を募集している人であっても大手の企業の家庭教師ネットワークに登録されている人であっても大多数は学生です。しかし、実際にはその中にも家庭教師を本業として高いプロ意識をもっている人も存在しています。そういった人を捜しやすいのが個人契約であり、ホームページなどを検索するとその業績や学歴、指導経験などが記載されたプロの家庭教師のページに辿り着くこともできます。こういった人たちと契約をすれば学生のアルバイトではないプロの指導を受けることが可能です。ただ、こういった方法の問題点はプロであるが故に時給の設定がかなり高く設定されているという点です。それならば最近受験をしたばかりの学生でもよいかと考えてしまうのも事実でしょう。 一方、やはり大多数が学生である大手企業のネットワークですが、多くの企業がプロの家庭教師を派遣するとうたっているように、この中にも本業として家庭教師を行っている人が紛れ込んでいます。こういった人たちが個人契約で行わないのは、派遣で働くことによって様々なトラブルが生じた際に派遣会社がトラブルの緩衝剤となってくれるということや、実際に生徒を募集する際の労力を派遣会社側が担ってくれるということなどから、家庭教師側にもメリットが大きいからです。一般的な募集の仕方をする上では個人契約であっても学生達に紛れ込んでしまうことから同じようなものであり、実際に教育を担う以外の部分の負担を軽減できることから派遣会社への登録を選んでいる人が大勢いるのです。もしプロ意識の高い人を捜しているのであれば、大手ネットワークに属している人たちの中から学生でない人をうまく探し出すというのが個人契約よりも低コストで雇える人を捜す有効な方法です。

BLOG MENU