多くの家庭教師は学生のアルバイトが多い

受験シーズンの前になると大手の有名な家庭教師斡旋業者がCM広告などで宣伝し、人気を得ていますが、多くの家庭教師は学生のアルバイトが多いということを覚えておく必要があります。大手で全国にチェーン店を所有している業者ほど、家庭教師を多数雇うために、学生をアルバイトとして雇っています。家庭教師を斡旋する業者だけでなく、予備校や塾などでは、プロの専任講師が指導しているところもありますが、全国規模で展開している業者ほど手軽に講師の数を確保できるので大学生に求人を募集していることがほとんどです。そのため、指導力や生徒との接し方に未熟な点が感じられる利用者も少なくありません。じっくりと長期間にわたって子供の勉強を見て欲しいと思っていても、講師が学生であるので気軽に仕事をやめる人も多く、子供の学力が向上する前に講師がコロコロ変わってしまうというケースもあります。こうした専任講師を雇っていない業者は、授業料が安かったり、CMで宣伝しているので目につきやすいですが、講師の教える力の質は問えないことになります。しかし、未熟なアルバイトの先生であっても有名な大学の出身者であったり、教える力には問題がない人もいますので、あとは子供との相性が合えば言うことはありません。家庭教師を選ぶ際には、指導力だけでなく、子供と先生の相性が合うかどうかも大きなポイントとなります。学ぶ側の子供は、家庭教師に対して教える力以外にも、しっかりと自分の話を聞いてくれたり、悩み相談に乗ってくれるなどの人柄を重視している傾向にあります。親としては子供の学力を伸ばしたいという気持ちが強いですが、実際に学ぶ子供の視点に立って、どの業者を選び、どの先生に子供の指導を頼むかを見極める必要があります。また、斡旋業者のなかには、途中で解約できないようにしておいてから法外な値段のする教材を買わせたり、授業料が高いにも関わらず、授業の質が悪いところもあるので、事前に業者の評判などを調べてから契約した方が良いでしょう。

BLOG MENU