アルバイト感覚でされても困るな

お子さんの勉強を見てもらい、家庭学習の習慣を定着させたいと願うご家庭では、家庭教師の派遣を依頼することが多いでしょう。 しかし、そんな家庭教師の依頼経験をお持ちのご家庭でどきどき聞かれるのが、派遣されてくる「先生」がほとんど大学生で、しかもアルバイト感覚でいるために期待したような成果が得られず困る、という声です。 家庭教師の派遣事業は、教室型の塾と違って、教師の数の確保が絶対的に必要であるため、学生を雇用する形式が一般的になります。ただ、アルバイトとはいえ、教師を目指している学生や、真面目に家庭教師に取り組む姿勢をもつ学生もいます。まだプロではないにしても、この家庭教師の仕事が彼らにとって大きな意味をもつ経験であることも確かです。 しかしながら、お子さんの勉強を心配されるご家族にとっては、前もって学生の力量や取り組む姿勢を評価することは困難で、時には先生の力量や態度に不満が募るケースもあるのです。 それだけに、家庭教師の派遣ではとかく派遣されてくる学生個人に注意が向きがちになるものですが、学生にも個人差があり、またお子さんとの相性の良し悪しも多かれ少なかれあるもので、それ自体を避けることは困難です。こと「勉強」の分野では現役といえる学生ですが、社会経験の少ない彼らは、自分が勉強することには慣れていても、お子さんの発達段階を理解し、無理なく的確に学習の理解を深めさせるための技術と経験が浅いのです。 そこで注目したいのは、家庭教師を派遣する会社の特徴です。派遣会社がどのような方針を立て、どのように学生たちを教育しているのかが重要になるからです。派遣会社がしっかりした指導教育を施していれば、学生が自己流で教えることはほとんどなく、お子さんごとにそれぞれ違った学習の課題があることを理解し、良好な信頼関係と学習成果が得られるでしょう。 家庭学習の最大の特徴は、家にいながらマンツーマンで指導してもらえることにつきます。しかし、その先生の指導感覚に疑問を抱き、肝心の勉強の成果が得られず困ることがないように、派遣会社選びは注意深くしたいものです。

BLOG MENU